日本一早くて詳しい、ミソフォニア専門情報サイト

努力も我慢もゼロで、ミソフォニア問題を解消するたった一つの方法。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元・ミソフォニア歴34年のミソフォニア専門家。1年間で、500人以上のミソフォニア当事者へ、ミソフォニアの改善法を指導している。 健康管理士1級、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラーの資格を保有。 趣味は自己投資。HSS型HSP資質持ち。

今回は、一番楽で簡単に、ミソフォニアの悩みを手放すことができる方法を教えます。

「そんな方法、本当にあるのか?」と思うかもしれませんが、答えは実にシンプルで、快適さを手に入れるために、惜しみなくお金をかけることです。

事実、あなたが「不快だ」と感じる音を1日中聞かなくても良い状況を作ることさえできれば、あなたがイライラで悩む事はなくなりますよね。

冗談でもなければ、煽るつもりで言っているわけでもありません。環境構築を徹底するのも立派な対策の一つです。

実際に、どのようなお金の投じ方をすれば音の不快感をゼロにできるのか、具体的な例を挙げて解説します。

ミソフォニアの人が「お金の力」全振りで快適を手に入れる、11の具体的な手段

「お金があれば、世の中の99%の悩みは解決する」と言われていて、おそらくはその通りです。

この話は、ミソフォニアの悩みにおいても、例外なく当てはまります。

  1. 住居
  2. 人との接し方
  3. 生き方 

この3つの要因が、快適を手に入れるために必要なすべてなので、さらに具体的な中身を見ていきましょう。

住む部屋を、妥協なしで徹底して選ぶ

資産を持っている人でしたら、「防音」最優先の条件に当てはまる物件を選ぶだけで、24時間365日の快適を買うことができます。

防音を徹底した住居の具体例
  • 防音のしっかりとした、自分だけの部屋を確保
  • 分譲マンションの鉄筋コンクリート/最上階/角部屋の条件の部屋を選ぶ
  • 理想は1フロア1室のマンション(=隣がいない)

不快感を絶対に感じない方法で、人とコミュニケーションをとる

いくら「嫌な音を聞かなくても済む」とはいっても、誰とも話せない・コミュニケーションが取れない状態では、大切な充実感が得られません。

しかしお金の力にモノを言わせても良いのであれば、いくらでも無理筋が通ります。

たとえば、以下のような3つの方法を取ることができれば、人と会えない「寂しさ」で悩むこともありません。

音の不快感ゼロの接し方
  1. 不快な音が出ないタイミングでだけ、必要な人と関わる
  2. 人とコミュニケーションする手段を、基本はオンラインに限定する
  3. 親しい人は、近くの別物件に住ませる

リタイア生活に近い環境を、お金の力で買う

不快に感じる時間を徹底的になくす、生き方を選ぶ自由さえあれば、音のことで悩む時間は1秒たりとも発生しません。

快適最重視の生き方の例
  • 海辺の静かな一軒家を購入して、隠居生活する
  • 移動手段は、自分の気になる音を聞かなくても済む方法にする
  • 通勤しない。会社の中で働かない。フルリモートで働く。
  • 通学しない。学校に行かない。質の良いオンライン教材だけで勉強する。
  • 仕事、プライベートどちらにおいても、嫌な音と全く遭遇しなくて良い環境を作る

つまりのところ、お金をかけて圧倒的な環境選択の自由を買うことができれば、音のことで悩む理由がまったくなくなるわけです。

「絶対無理」だと感じる人は、なぜ無理なのかを考える

質問です。あなたはリストアップした条件に近づくような行動を、どのぐらい積極的に、意識して行っているでしょうか?

ミソフォニアの人は肉体的・能力的に、健常な人と比べて目立った差がありません。

むしろ「集中力」「執着力」は総じて人並み以上です。

つまり、能力的な理由で「働けない」わけではないので、金銭的な自由も、頑張る気がある人は手に入ります。

自分が社会に提供できる能力を発揮して、その対価を受け取るのが「働く」ということですから。

「働きません・稼ぎません・納税もしません・役に立ちません・弱いので守ってください」

それも個人の自由なので、構わないと思いますが、自分が社会のお荷物になる道を選んでいるのと同じなので、自由への制限はかかります。

少なくとも、音の文句を言うエネルギーがある人は、働く方へエネルギーを回せば良いだけなので、やれば働ける人・稼げる人です。

ここまでの内容を踏まえて、もう一度質問します。「理想の条件」の実現が、絶対に無理だと思うのは、どうしてでしょうか?

環境投資の優先度は、後回しにしないこと

劣悪な住環境に住み続けていて、毎日音の文句が絶えない人は、「自分で変えられる範囲のことを改善する」という意識が、すこし足りないかもしれません、

「できることから変えていく」という意識が、すべての状況を良くするための基本的な考え方になります。

これはミソフォニアの悩みであっても、別のテーマの悩みでも全く変わらない、「問題解決」における本質的な部分です。

まとめ

今回話した内容はもちろん理想論に過ぎませんが、この理想をイメージできる、最低限の想像力はあったほうがいいです。

具体的なイメージもできないことが実現するのかと言ったら、それは無理ですからね。

「できない」と感じることが多い人は、まず「前提外し」をしてみるのがおすすめです。

時間・お金・環境に、一切の制約がなかったとしたら、どうする?どうしたい?

本当の意味での「自由」は、どれだけ自分の考え方を自由にできるかで決まります。

自分で自分を縛ってしまうほど苦しいことはありませんので、考え方の自由は失わないようにしましょう。

ちなみに今の僕は、わりと長時間働いて、たまにおいしいものを食べるぐらいの生活レベルなので、優雅な生活ではないと思います。

そもそも、音の悩みを手放すために、お金の力へ「全振り」する必要もないと思いますので。

もしも快適な環境のために「あっ、自分これ、できるのにやっていなかったな」と気づいたことがある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元・ミソフォニア歴34年のミソフォニア専門家。1年間で、500人以上のミソフォニア当事者へ、ミソフォニアの改善法を指導している。 健康管理士1級、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラーの資格を保有。 趣味は自己投資。HSS型HSP資質持ち。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミソフォニア.jp , 2022 All Rights Reserved.