日本一早くて詳しい、ミソフォニア専門情報サイト

【Q&A】普通の人になりたいです。ミソフォニアでも、普通になれますか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元・ミソフォニア歴34年のミソフォニア専門家。1年間で、500人以上のミソフォニア当事者へ、ミソフォニアの改善法を指導している。 健康管理士1級、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラーの資格を保有。 趣味は自己投資。HSS型HSP資質持ち。
当時者の相談(女性・10代)

高校受験の時期ぐらいに、いろんな物音に反応するようになって、ミソフォニアを発症しました。

友達のヒソヒソと話す話し声を聞いたり、 鼻すすりの音を聞いたりすると、 すごく嫌な気持ちになってしまいます。

高校に入学してからも友達は作れましたが、 嫌な音を聞きたくないので、「学校に行きたくない」と思う日がだんだんと増えてきました。

このままだと、そのうち友達もいなくなって、本当にひとりぼっちになってしまいそうです。

何も気にせずに楽しんでいる、クラスメイトたちのことが羨ましくなってしまいます。

ミソフォニアになってしまった私でも、普通の人に戻ることはできるんでしょうか?

ミソフォニア専門カウンセリングでお伝えする内容を実践していただくと、いわゆる「普通の人」に近づくことはできます。

実際は「普通の人」と「いろいろと細かいことが気になる人」の中間ぐらいの人でしたら、誰でもなれるイメージです。

ミソフォニアの人が、普通の人と完全に同じにはなれない理由と、なる必要もない理由について簡単に解説します。

「普通になりたい」は「大金持ちになりたい」と同じぐらいのスケール感

例えばお金に余裕のない人が、お金持ちを目指して努力をすれば、お金に困らない小金持ちぐらいまでには、十分なれると思います。

ただし、目指すゴールが億万長者(金融資産1億円以上の人)となれば、もちろん話は別です。

どれだけ努力をしても、おそらくは億万長者になれない人が大半ですよね。

ミソフォニアの場合でも似たようなことは言えるので、どれくらい「普通の人」になりたいのか、まずは鮮明なイメージを持ちましょう。

ミソフォニアの人が、頑張り方次第で目指せる「普通」の目安は?

シンプルに、あなたが思う「普通の人」のマネをすることができれば、普通の人にはなれます。

つまり、あなたが無理なくマネできる普通の人の姿が、現実的に目指せる「普通」です。

そもそも、普通の人とミソフォニアの人には感覚的な違いがたくさんあるので、「普通に近い人」ぐらいを目指すと、無理がありません。

具体的に説明すると

特定の音に対して意識は向くけれど、イライラしたりすることはなく、平常心でいられる

このあたりをゴールに設定すると、大半のミソフォニアの人が達成しやすいので、おすすめします。

普通の人と「完璧に一緒」というゴールは、かえって苦しいだけなので、あまりおすすめしません。

なんのために、どうなりたくて「普通」になりたいですか?

あなたに今一度考えていただきたいのは、「普通」とは何でしょうか?ということです。

特に、学校や職場という狭い世界の中では、 そのコミュニティの中でしか通用しない「普通」がたくさんあります。

今は無邪気に学校生活を楽しんでいるように見える同級生であっても、この先も「普通」でいられる保証は、どこにもありません。

わざわざ口に出して言わないだけで、ミソフォニアではない深刻な悩みを抱えている同級生が、いるかもしれませんよね。

「幸福度」というモノサシで、なりたい自分を設定する

なのでまずは、あなたが目指したい普通が、本当に「自分のなりたい姿」なのかをよく考えてみてください。

想像してみてほしいのは、あなたの思う「普通の人」を演じてみたとして、自分は本当に幸せだと感じられるのかな?ということ。

人それぞれで、置かれた境遇はまったく違うので、何を幸せだと感じて、何を不幸だと感じるかは色んな理由で変わります。

社会的地位や、経済的に恵まれている人でも幸福度が高いとは限りませんし、 比較や競争の世界に自分の身を置いている限り、劣等感は無くなりません。

「普通が素晴らしい」に、もっと疑問を持とう

比較と競争の世界が、あなたに植え付け続けるのは「普通=凸凹のない人間であることが素晴らしい」という謎の感覚です。

この感覚は、これが本当に幸せなのかを疑ってみても良いのではないでしょうか?

少なくとも、今のあなたが知っている「普通」は、まだバリエーションが少なすぎるので、今の自分と関わりがなさそうな社会の「普通」も知りましょう。

まとめ

世の中に、数えきれない種類の普通があるんだということに気づくと、「普通になりたい」という今の欲求も、きっと姿を変えると思うんですよね。

人は変わり続けていく生き物なので、「以前の自分に戻る」という考え方よりも、以前の自分より幸せな自分を新たに見つけるほうがおすすめです。

戻りたい過去よりも、今とこれからの未来に目を向けられる自分になれた方が、幸せは近づいて来やすくなりますからね。

この記事を書いている人 - WRITER -
元・ミソフォニア歴34年のミソフォニア専門家。1年間で、500人以上のミソフォニア当事者へ、ミソフォニアの改善法を指導している。 健康管理士1級、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラーの資格を保有。 趣味は自己投資。HSS型HSP資質持ち。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミソフォニア.jp , 2022 All Rights Reserved.