日本一早くて詳しい、ミソフォニア専門情報サイト

【当時者Q&A】生きるのが苦しいです。毎日が地獄で、ミソフォニアの苦痛に耐えられません。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元・ミソフォニア歴34年のミソフォニア専門家。1年間で、500人以上のミソフォニア当事者へ、ミソフォニアの改善法を指導している。 健康管理士1級、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラーの資格を保有。 趣味は自己投資。HSS型HSP資質持ち。
当時者のご相談

足音・あくび・子どもの声や車のアイドリングの音、鼻すすりの音やテレビの漏れ聞こえる音とか、ダメな音がどんどん増えていて、もう消えてしまいたいです。

家族と同居していますが、嫌いな音を聞くのが怖くて、部屋からほとんど出られません。

たくさん怒鳴ったり、泣いたりもしましたが、もう疲れてきました。

自分なんか、生きていても意味がないと思う時もあり、いっそのこと死んでしまいたくなります。

この治せないミソフォニアという病気は、我慢するしかないんですか?

もうこれ以上、音の苦痛に耐えられそうにありません。どうしたらいいんでしょうか?

悲観してしまう気持ちはよく分かります。過去の僕も、何度自決しようと思ったか、数え切れませんので。

まず話の前提として「ミソフォニアが治せない病気だ」という、一方的な決めつけをやめるようにしましょう。

でないと、ミソフォニアを完治させた、僕の存在自体がだということになってしまいます。

ミソフォニアが「治らない病気」という決めつけは、単なる早合点

そもそも、現段階でミソフォニアは「精神病ではない」と定義づけられていますので、病気扱いすることそのものが不適切です。

ミソフォニアの原因も、ある程度までは明らかになっていますし、対処法として「我慢するしかない」は、見るべきポイントがズレていると感じます。

臨床心理学の観点だけから見ると不可解なミソフォニアは、条件反射の仕組みに当てはめると、矛盾なく語れる現象です。

くわしくは、参考記事をお読みください。

「第三者の視点」が想像できる自分を保つ

そして次に、事態の客観視を徹底するようにしてみましょう。

客観観した場合の、捉え方の変化
  • 「嫌な音を出される」ではなく「特定の音が出ている」
  • 「迷惑な音」だと思う理由を、「常識やマナー」といった概念を外して説明する

人は悩みの渦に陥ると、視野狭窄を起こしがちです。

どんなに激しいイライラがあったとしても、目の前のことしか見えない状態から理性的に脱却して、

第三者の視点で見て、どう見えている?

が具体的にイメージできる自分を保ちましょう。苦しい時こそ、客観的な視点は必要です。

ネガティブのループから抜け出せるか、闇堕ちしてしまうかの境目は、たとえ誰かの力を借りるにしても、最終的には自分の決断力次第になります。

音のイライラの渦中にあっても「人として、どういう自分で在りたいか?」を見失わないようにしてくださいね。

スピリチュアル観点から見た、ミソフォニアの人が考えさせられそうな話

参考になるかは分かりませんが、僕が過去に「霊能者」と言われている人たちと話をして、「同じことを言っているな」と感じた共通点をシェアします。

スピリチュアル系の人曰く、人はその人生を「選んで」生まれてくるんだそうです。

あの世からみて現世は、魂の格を上げるための「修行」をする場所で、今の親の子どもとして生まれて、生前は成せなかったことを成すために生まれてくる。

生まれ落ちると、人は約束したはずの、人生のミッションを忘れてしまう。

自分で選んだ人生を、最後まで全うするのが最低限の責務。

たとえどんな理由があったとしても、自殺は一番重く罰されてしまない。なかなか成仏できない。

理由は霊界で、生まれる前に交わした約束を破ることになるから。

そんな内容の話を、どのスピリチュアル系の人も語っていました。

僕は霊感0人間なので、確かめようがありませんが「へぇ、そういうものなんだね」ぐらいの感覚で理解してます。

まとめ

ミソフォニアの辛さで「死にたい」と考えてしまう人には、あるワークを実践してみていただきたいです。

ミッションを知るワーク
  1. 自分が助かると、他の人の命は助からない
  2. 助からない他の人たちを目の前にして、「自分が生きたい理由」を語る

これは、自分の「人生のミッション」をあぶりだすためのワークです。

  • あなたの命は、他の人に譲れるほど軽い命ですか?
  • 本当は、どうしたくて、どうなりたいんでしょうか?

音を出す人ではなく、自分自身から目をそらさずに、向き合ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元・ミソフォニア歴34年のミソフォニア専門家。1年間で、500人以上のミソフォニア当事者へ、ミソフォニアの改善法を指導している。 健康管理士1級、メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラーの資格を保有。 趣味は自己投資。HSS型HSP資質持ち。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© ミソフォニア.jp , 2022 All Rights Reserved.